編み込む日常

30代半ばでシングルマザーになりました

アラフォー女の現在地

家庭内ヒエラルキーについて

元夫はこの国でかなりヒエラルキーのトップにいたのでは?と思った。 大卒、ヘテロ、自国籍、高身長、高収入、20代。 いや、そんなことはわかっていたはずだけど、私と元夫との間にある不公平感は、「働いている人」と「専業主婦」という構造からくるのだと…

子育てには若いパパの力が必要か?

「子どもは若いうちがいい。男性の妊活に年齢的制限はないけれど、体力があるうちの方が絶対にいい」という意見を見てもやもやしている。 娘が一歳の時に別居して、結婚中も元夫は非協力的だったことから、娘が生まれてからほとんどずっとワンオペだった。結…

蜂が入って来たことや家で過ごすことなど。

ベランダがしっかり菜園になった。朝起きてカーテンを開けてベランダを見ると、昨日と違う様子が目に入るので、つい、ずっと眺めてしまう。 窓を開けて膨らんで来たトマトを眺めていたら、バチバチと嫌な音がする。 いつの間にか部屋に入った蜂が窓に当たっ…

どう転んでも痛いなら、好きに転ばせて欲しい。

手を引かれて、導かれて、巻き込まれるように転ぶと人のせいにしたくなるのよ。 もしかしたら足を擦り剥かずにすむかもしれないけど、 それでも危ない思いをしたことを人のせいにしたくなるのよ。 1人で歩いていて転んだら、恥ずかしくて痛くて、なんか笑っ…

元夫と、娘と、私の今の関係。脳内裁ちばさみの話。

離婚をして元家族の中では一番幸せな人間となった私だけれど、そこにある2つの条件を守ることがその幸せをキープしている。 二つの条件とは、 一つ目は、好きな人(娘)と一緒にいることができることで、二つ目は、好きじゃない人(元夫)と関わらなくてい…

離婚して一番幸せになったのは私。

シャワーを浴びているときにふと気がついたのだけど、元家族(私、元夫、娘)の中で、離婚したことで一番幸せになったのは私だ。 苦手な人(元夫)とこれ以上関わる努力をしなくてよく、 大好きな人(娘)のそばにいることができる。 私の知る限りでは、元夫…

ゴミ屋敷と魔女の宅急便

ゴミ屋敷と言われる部屋が片付けられていく動画を見るのが好きだ。 先日見た動画では、飲みかけの同じ銘柄の缶ビールが部屋の半分を占めていた。 積み上がる空き缶というだけでも圧巻なのに、それは殆どが、ビールが少し残った状態らしい。 その状態にますま…

結婚と自己顕示欲の柱で生きてきた。

とにかく結婚が目標だった。 結婚願望が強いかどうか考えたこともない。それほど当たり前で大前提だった。 いずれ結婚する。そして私の周囲にいたような母親たちのように暮らすのだと思っていた。私の母は専業主婦で、学校が終わり友達の家に行くと専業主婦…

あの頃も今も同じことをしている。

離婚を経て生活は随分と変わったし、日常を覆う気分は180度違うものになった。 でも細かいことを見てみるとやっていることは大して変わっていない。 例えば植物を育てること。 結婚していた頃、高層マンションの狭いベランダは夏になると向日葵だらけになっ…

清々しさと、心許なさ。

昨日の夜から降っている雨で、どんよりした朝だった。 ちょっとした傷が重なった6月後半。天気につられて気分もずっしり重かった。 自分の指針を信じてここまで来ているけれどこのままで大丈夫だろうか。 でも「こうしなければ」で動いた時に、 好きなこと…

インターネットの芳しい森の中。

ここのところいつも仕事のために本を読んでばかりで、関連のないものを読んでいなかったことに気がついた。知識を与えてくれる本は刺激的で、ひとつ読み終えると次につながる欲しい本が自然と目の前に現れる。いや、Amazonがお勧めするか、ツイッターでフォ…

「愛を与えることができる」と暗示をかける女、それは私。

いつも自分で口に出して言うと決めていることがある。 「私は愛を与えることができる」 「仲間を大切にする」 の2つだ。 毎日自分に暗示をかけている。あやしいやつである。 ふたつとも、普段の私を知る人だったら「は?」と思うかもしれない。 アラフォーに…